2016年10月24日

秋を走る。(4)

2016/10/19 12:41
支笏湖、洞爺湖と、2つの湖を巡った。
腹が減ってきたが、取り合えず、羊蹄山方面へ進むことにした。

僕としてはめずらしく、国道230を留寿都村(ルスツ村)まで、素直に走り、ルスツから道道66号を真狩村方面へ走った。

真狩村から見る羊蹄山は、どっしりしていて、すらっとしたニセコや喜茂別、京極からの姿とは違うのだが、それはそれで僕は好きだ。

裾野まで紅葉が進み、早い樹々は葉を落としている。

「道の駅真狩フラワーセンター」まで来てみたが、ここも混み込み。食堂は満席状態だ。
ここでの食事は諦めて、ニセコ町まで道道66を走り、高野珈琲店を訪ねてみた。
でも、火曜日・水曜日は定休日だった。そうだったそうだった。

ここで13時10分。ならいっそ、14時まで待って、赤井川の道の駅で遅いお昼にしようか。

国道5号線に戻ろうとしたら、1分も走らないうちになんだか気になる小道を発見した。
2016/10/19 13:11
ああ、…なんかいい。
地図にも載っていない道だ…。

でも、今日は我慢して、またの機会にとっておこう。
ここを訪れる楽しみが、またひとつ増えたから。
2016/10/19 13:11
同じ場所から見える羊蹄山は、ニセコ側から見た時の特徴である頂上のえくぼを見せている。
杭に掛けられていたのは、稲の刈り取ったものだった。

2016/10/19 13:13
ちょっと歩くと、羊蹄山が畑越しに見えるところがあった。
畑は秋まき小麦だろうか。その向こうに雑木林。そして羊蹄山。
空は雲一つなかった。



国道5号線を素直に倶知安(くっちゃん)まで走り、赤井川へ向かう国道276に、今度は素直に乗らずに、町道を少しさまようことにする。

2016/10/19 13:30
景色のいいところで、停まってみた。
ニセコの連山が、ススキの穂と、採り入れの終わった畑と、森の向こうに見える。

2016/10/19 13:30

道はこんな感じで、結構立派な2車線路。
羊蹄山は北から見ているので、右の峰が膨らんでどっしりした姿。
2016/10/19 13:31
同じ場所。ニセコの山と、手前の森をアップに。

おなかも空いたが、風も気持ちいい。
相当寒かった気温も、少し上がってきている。

でも今日は、中のフリースや、下のスキーズボンを脱ぐほどには、暖かくはない。
天気予報は明日夜から雪もあるとか。

最後の秋の輝きかもしれない。

…でも、腹も減った……。
赤井川へと進もう。(つづく)

4 件のコメント:

  1. 風景や空気を大切に感じ、そして生き生きと駆ける樹生さんが目に浮かぶようです^^
    気になった脇道は想像が膨らみ、でも入らずやり過ごし次回の楽しみに残す感じは、
    とても良く分かる気がします^^
    走る楽しみはいつも尽きませんね(^^)

    返信削除
    返信
    1. selenさん、こんにちは。
      ありがとうございます。
      そうなんです。
      未知の脇道、即行く時と、次回に回す時がありますよね。

      僕はやっぱり、初めての道を走るのが好きみたいです。
      今回の倶知安からの町道も、ほんの短い間なんですが、
      初めての風景、初めての道にうきうきして、とても楽しかったです。

      走る楽しみは、いつも尽きません。(^^)

      削除
  2. こんにちは
    ひと月前、この辺りを記事とは逆回りで走ってたなぁと思い返してました
    (私たちは地獄谷・沼にも行きました。残念ながら温泉卵は食べれず)
    もう雪の便りが聞こえてますので、今年のシーズンもあと数週間でしょうか
    お楽しみください

    返信削除
    返信
    1. KEI Cさん、こんにちは。
      北海道ツーリング、台風の影響はあったとはいえ、楽しめていただけたようで、
      道民としてうれしく思います。

      今シーズンも終わりが近づいてきました。
      あと1,2回走れるかどうか、という感じです。
      少ない機会ですが、楽しみたいと思います。
      ありがとうございます。

      削除