2019年5月29日

オイル交換(IPONE:FULLPOWER KATANA)、タイヤ交換(METZELER:ROADTEC01)


5月28日(火)の夕方、札幌のバイクショップ、ズームさんへ行き、オイル交換とリアタイヤの交換をしてもらいました。
オイルはいつものIPONEオイル、タイヤはメッツラーのロードテック01になりました。

2019年5月27日

夕景とサイドスタンドの敷物。


北海道は、二日連続で暑い日となりました。札幌も14時過ぎに33.5℃まで上がったようです。それでも陽が落ちると涼しくなるのが北海道です。
午後8時の時点ではすでに20℃を割り込もうとしています。
明日は曇りで、最高気温も22℃前後だとか。

2019年5月26日

三島さんの芝桜と、ニセコの高野珈琲店


三島さんの芝桜
桜好きの妻がどこかから見つけてきた、倶知安町の情報でした。
倶知安町在住の三島さんという方が、個人の敷地内に芝桜を植えて、それがご厚意で無料一般公開されているというのです。

2019年5月24日

2012年のMOTOGUZZI V7 CM メイキングビデオ

「YouTube」で、モトグッツィ、V7のCM写真を撮った、フォトグラファーのインタビューと、メイキングの入った、短い(3分48秒)の動画を見つけました。
この写真は、2013年、MOTOGUZZIのHPより。


2019年5月22日

ダンロップ スポーツサンダルDSM43


ダンロップ スポーツサンダルDSM43 写真素材はWowma!から引用
全然バイクに乗れていない樹生です。
職場のデスクワーク時の仮履きように、サンダルを買ったのですが、これがとてもよかったので、レポートします。(ちょっと長い記事です。)

2019年5月20日

ホンダ:アルミホイール&プラスチックワックス 更新


ゆきかぜ号を2013年に買って以来、ずっと使ってきた、ホンダのアルミホイール&プラスチックワックス、とうとう完全に使い切ってしまいました。

2019年5月19日

障子の破れを

よく晴れて絶好のツーリング日和の今日。
私は自宅でデスクワーク。
合間に、我が家の和室の畳干しをしました。

2019年5月18日

メッツラー、スポルテッククラシックのライフ


今年4月末の「風の色」ツーリングで、何か鋭利なものを踏んでしまったのか、タイヤに切り傷のある、ゆきかぜ号のリヤタイヤ、「メッツラー スポルテッククラシック」。
摩耗も進み、センター部のスリップサインも出て、寿命です。

2019年5月11日

春風の桜墓苑

5月11日(土)。
この週末は、出勤はないものの、大量のホームワーク。
神経はピリピリ、仕事は進まず、うんうん言っていたのですが、昨年に続き、今年も石狩市の戸田記念墓地公園の桜を、見てきました。


2019年5月9日

徒然に。ゆきかぜとブログを巡る最近のことなど。

写真は古いです。2016年8月12日 4:49 以下同日。
この4月、5月の間に、ゆきかぜ(MOTOGUZZI V7Special 2013)と、本ブログの環境を巡って起こった、ちょっとしたことなどを。

2019年5月8日

和歌山俊宏氏のweb上でのライテク論

写真引用は、ウェビック・ニュース(「ライテク都市伝説を斬るその14」より。
緒崎松倉さんの『此先松倉』は、いつも拝読させていただいているブログです。
その緒崎さんの『此先松倉』のリンクに「ライテク都市伝説を斬る」というタグが。
見てみると、「webike」で和歌山俊宏氏が連載している記事でした。

2019年5月6日

2019年5月5日

風の色5 帰路

時間はまだ昼過ぎだが、今朝はおよそ4時から走っているから、もう8時間も経っている。
そろそろ帰路につかなければ、今日は、夕飯までには帰ると言っている。
もういっこだけ、行ったことのない、十勝平野の展望台に行ってみよう。
清水円山展望台だ。
2019/4/29 13:22

2019年5月4日

風の色4 十勝の青い風。

2019/4/19 10:40
広尾には、十勝港がある。大きな港で、貨物船が行き来する。
十勝の海の玄関なのだ。
また、広尾はサンタの街でもある。ノルウェー、オスロから認定されている、本物のサンタの街なのだ。

ここが、十勝の南玄関になる。

2019年5月3日

間奏曲:軽川堤の桜

ツーリングレポートの連載中ですが、ここで間奏曲(インターメッツォ)を。
札幌市、手稲区にある軽川(がるがわ)、その堤防には、エゾヤマザクラやチシマザクラ、ソメイヨシノなど、約300本の桜が植えられいる。
4月30日、家族で朝、花見散歩に出かけた。

2019年5月2日

風の色3 黄金の道

2019/4/29 9:06
昭和30年代生まれの人にとって、えりもと言えば、岡本いさみ作詞、吉田拓郎作曲の「えりも岬」がすぐに思い浮かぶだろう。森進一の歌唱で大ヒットしたこの歌は、メロディーもさることながら、「えりもの春は、何もない春です」という歌詞が、非常に印象的だった。

2019年5月1日

風の色2 優駿

2019/4/29 6:46
鵡川(むかわ)から国道235号を東へ。
高速になっている無料バイパス区間ではなく、旧というか、本というか、元の国道を行く。
海岸段丘の上を走り、時々、川が作った谷へ降り、また海岸段丘を上がる。
それを繰り返しながら、道は進んでいく。