2017年8月18日

「タイオガブーツワイド」完璧な防水性能。


8月10日~12日まで「約束」ツーリングに行ってきました。
その間、毎日雨に降られ、特に11日、12日は、かなり激しい雨に打たれ続けましたが、
モンベルのタイオガブーツワイドは、完璧な防水性能で足を守ってくれました。

2017年8月12日

約束。1(再・改)

1987年。
それぞれバイクツーリングで北海道を訪れていた、大学のバイクチームのメンバーたち。
北海道で互いに会うことはなかった。
「10年後、北海道で会おう。」
若さゆえの、約束。

2017年8月7日

クラッチ「4本化」。

…といっても、クラッチレバーを4本にするのではありません。
クラッチレバーを引く指を、4本にしてみるということです。
ブレーキ、クラッチレバーとも、少し高めが僕に合うようだ。


2017年8月6日

暁に走る(下)

日の出が近い。赤井川のカルデラ盆地の上空は、雲がかかり、地面近くにはところどころ霧がかかっている。
カルデラ盆地の中を一度南から北へ走り抜けて、一度冷水トンネルで反対側へ抜け、余市側から冷水峠の上までやってきた。
2017/8/4 4:30

2017年8月5日

赤井川村で「カルデラの味覚まつり」実施中。

写真をクリックすると少し大きくなります。
僕の大好きな村、北海道の赤井川村で、明日まで、
「カルデラの味覚まつり」が実施されています。
場所は赤井川村のカルデラ公園。村役場の向かいです。

いろんなイベントあり、明日11時からは、500円でカルデラの野菜食べ放題もあります。(今日も長蛇の列ができていました。だって、ホントに、別次元に美味しいんです!赤井川の野菜。)
もしかしたら、「あかりん」にも会えるかも?

本当に美味しい野菜を食べるなら、赤井川の野菜を食べてみるべし。

ちょっとだけ、顔を出したんです。

2017年8月4日

暁に走る。(上)

8月4日、今日は仕事がある。金曜日なのだから当たり前だ。
でも、走りたい。夜中に、変な夢を見て目が覚めたら、2時半過ぎだった。
いつも走らない、走れない日々が続いていた。
いいや、走ろう。ゆきかぜを引っ張り出す。
2017/8/4 2:58

2017年8月3日

夕方メンテ、ワックス、タイヤ観察。


8月ももう3日になりました。夏がどんどん進んで、あっという間に終わりそうで、焦りを感じている樹生です。
今日は職場は有休を使って、通院です。病院をはしごするので、一日かかってしまいます。
さて、夕方、ちょっとメンテを。


2017年8月1日

V7に触らない休日。


写真は7月27日の夕景
今日8月1日は、土日の代休でした。
とてもいい天気だったのですが、ゆきかぜで走らず、整備もせず、触れないままに、一日が終わっていきました。

2017年7月31日

しげの秀一氏、『セーラーエース』、打ち切りを惜しむ。(今さら)

しげの秀一といえば、『バリバリ伝説』。グンとヒデヨシの走りは、若かった僕に今でも強烈な思い出を残しています。
そして、『頭文字D』。とうふやのハチロクがダウンヒルで速いという設定で始まった4輪の公道バトルの漫画は、思いの外長く続き、一大ブームを巻き起こしました。
(今回はバイクネタではありません。漫画について語っています。)

2017年7月28日

夏空6

イタヤカエデのそばの池で蓮の花が咲いていた。
国道393、メープル街道を、倶知安町から赤井川へ。
抜けていく途中に、去年の秋見つけた、大きなイタヤカエデの樹がある。
夏の今、緑の葉を茂らせた姿が見たくて、訪ねることにした。

2017年7月27日

夏空5

2017/7/23 13:32
洞爺湖に別れを告げて、国道230号線を北へ。
留寿都村から国道を逸れて、道道257へ入り、羊蹄山のふもとをめざし、道道97号線に合流する。

2017年7月26日

夏空4 

2017/7/23 12:33
入江・高砂貝塚から、洞爺湖はすぐだ。
向かうことにしよう。
洞爺湖に向かう道の途中から。よく晴れた日だったが、海の近くは霧がかかって、それほど暑くはなかった。

2017年7月25日

夏空3 入江・高砂貝塚


今回訪ねてみたかったところ、それは、洞爺湖町の「入江・高砂貝塚」だ。
北海道の縄文時代の遺跡で、縄文時代は1万年続いたと言われている。
縄文時代の遺跡といえば、青森県の三内丸山遺跡が有名だ。場所は違うが、同じような北日本の縄文文化圏にある遺跡と考えてよい。

2017年7月24日

夏空2

2017/7/23 9:53
新見峠を下っていく。
今は閉館してしまった新見温泉までは、舗装はしているが狭い1車線、時折1,5車線のつづら折り。道の外はすぐに谷底まで数百メートルはあるかという高い崖だ。
この道は楽しい。