2016年6月18日

ゆきかぜの燃費(V7Special)2016年春季。


モトグッツィV7Special(2013)(本国のイヤーモデルとしては2012でした)
「ゆきかぜ」号、僕の元へきて3年が経ち、一回目の車検も終了。

この2016年シーズンの走行は事実上4月24日。
(その前に車検を終えてバイク屋さんから自宅まで乗ったのが、4月17日。)

2016年春季の燃費を整理してみました。



 日 付          給 油     値 段   走行距離 総距離       L単価      区間燃費
2016/4/24    9.59ℓ     \1141   182.1㎞     14024 ㎞  \121      18.99km/ℓ    ①
2016/5/  1    8.55ℓ      \ 992  198.3㎞     14222㎞      \118   23.19km/ℓ      ②
2016/5/14    8.78ℓ     \1097   202.8㎞     14425㎞      \127      23.10km/ℓ    ③
2016/5/15   16.19ℓ    \2024   377.7㎞     14802㎞      \127      23.33km/ℓ    ④
2016/6/  6   10.34ℓ   \1292 258.6㎞     15061㎞  \127      25.01km/ℓ    ⑤

①は、昨年秋の終わりから入れっぱなしのガソリン。
 唯一20km/ℓを切っているが、まあ、そんなものかと思う。
②は、赤井川村まで走ったときもガソリン消費
③は、羊蹄山一周時の燃費。
④は、富良野・美瑛、旭川、ワンタンクで377km走れた。
⑤は、支笏湖、洞爺湖と走った二湖物語の燃費。

①から⑤までの総合燃費は、1219km走って、53,45ℓガソリンを消費したので、
<22,82km/ℓ>

V7の燃費としては、並外れてよいわけでもなく、悪いわけでもなく、まあ、平均的なところだと思う。

5月15日、16.1ℓの給油量は、ゆきかぜとしては過去最高値。
308kmの時点で燃料警告灯が点灯しているので、精神的には引っ張るギリギリのところ。

過去最高の燃費は2013年8月に、
387km走って、14.52ℓ給油、燃費26.68km/ℓ  だった。

ゆきかぜのタンク容量は公称22ℓ。
給油時は主にセルフ。
マニュアル通り、給油口のリップの下端まで入れて、給油口までは少し余裕がある状態で「満タン」としている。
そこから何リットル使うとガソリンが空になるのか、それがまだわからない。
ワンタンク400kmは行けそうな雰囲気なのだが、試してみる勇気はまだないのだった。



2 件のコメント:

  1. こんにちは

    うちのV7は樹脂タンクがクレームで鉄タンクに交換されたものなんですが燃料警告灯は樹脂タンク時代(容量小)のままで点灯する?
    キーOFFするとトリップ計にしていても総走行距離計になるので「プチッ」とボタンを押すのが面倒です
    あと始動すると外気温計になりますが、せめて時刻表示にしてくれてると便利なのになぁと毎度思いますよ
    できれば左が総走行距離、右がトリップ計だったら良かったのに
    まぁホンダのNC700の給油口みたいなもんでしょうか

    返信削除
    返信
    1. V7Specialになったゆきかぜ号もKEICさんのV7と同じです。トリップ、温度、毎回リセットです。
      時計は別につけてしまって、外気温をいつも表示と割り切った方がいいのかもしれませんね。
      とか言いつつ、踏み切れていない私です。

      削除