2016年6月20日

朝里の浜。

日曜日、体調も思わしくなく、仕事も山積みで、くたくた状態でした。
午後、少し時間がとれたので、ゆきかぜで走りに行ってみました。

いつものコースを簾舞まで走るも、道沿いのイタドリが生い茂って田んぼが見えず、なんとなく停まらないままに定山渓、朝里峠と走ってしまい、そのまま道道1号線を国道5号との合流点まではしってしまいました。

ここで右に折れて札幌方面へ帰ろうと思ったのですが、ふと、ここを直進する狭い道に入ったことがなかったなと思って、直進してみました。



2016/6/19 15:21

その直進路を100mも行くと、道は右に折れる。
そこはもう、海のそばの崖の上だ。
道は坂になって下っていく。
その先に線路と海が見えた。

ゆっくり下りていくと、道は踏切を渡り、さらに右へ。
100mも行くと、駅だった。
朝里駅だ。


小さな駅舎。
駅舎自身は新しいのだと思う。家みたいだ。たぶん今は無人駅だろう。


駅の前の通りはこんな感じだ。
海岸段丘の上、国道5号線沿いには、郊外型店舗の店が並び、いつも大量の車が行きかっている。
この駅前通りは、比較的静かだ。道も狭い。
駅舎の左は線路。その向こうは海岸段丘の崖だ。



駅の斜め向かいの家は、「つぶ焼」の店だった。
張り紙がある。
「つぶが思うように
 入荷にならないため
 しばらくお休みいたします。
 せっかく遠いところから
 来ていただきましたのに
 ごめんなさい   店主 」
きっとおいしくて評判のお店なのだ。
またつぶが入荷し、店が再開したら、ぜひ買いに来たい。

通りを行き止まりまで行くと、海だった。


堤防と、テトラポットと岩礁。
なのに海水浴場と銘打っている。
そのはずれ。

このはずれにくるまでのわずかな間に、3組の家族や仲間ずれのバーベキューに出会った。
また、カップルが一組、堤防にならんで座っていた。
子どもたちが6,7人、海で遊んでいた。
静かな駅前、静かな海だが、実は人は訪れ、賑わっていたのだ。
バーベキューのいい匂い、浜の匂いが混じり込み、ウェアに染み込んでいきそうだ。

はずれの小さな駐車場のまたはずれに、ゆきかぜを停めた。

この先、道はなくなり、線路は海と崖の間を走っていく。
昔の5号線はきっと、線路と並んで海沿いの崖下を走っていたことだろう。
難所のひとつだったに違いない。
今、国道5号線は海岸段丘の上を走る。この先は海岸段丘というよりも山塊がそのまま海へ落ちている、そんな山の中腹をトンネルと橋を使いながら、国道5号は行く。

ヘルメットを脱ぎ、さっき買った缶コーヒーを飲みながら海を眺めた。


 かもめが一羽、岩の上に止まっていた。
僕との距離は10mもない。それでも僕がのぞき込んでも逃げない。
僕は缶コーヒーの缶のヘリを口に当て、少し鉄臭いその缶の味を感じながら、ぼんやりカモメを見ていた。



ふいに、カモメが空へ舞い上がった。
海からの風にあおられながらそれほど羽ばたくこともなく、上へ上へと、高度を上げていく。




やがてたかいところでくるりときびすを返すと、風に乗ってさっとどこかへ飛んで行った。
僕はあいかわらず缶コーヒーを口にくわえたまま、カメラのシャッターを押して、そのあとも、ぼんやり、見送っていた。

ゆきかぜと僕と、馴染みきれない浜の風景。
午後4時。夏至近くの今日は、7時になっても暗くはならないが、それでも遅い午後。
夕方の気配が少し、忍び込もうとしていた。

4 件のコメント:

  1. 朝里の海まで行ったのですね。
    あの十字路を真っ直ぐに行きたくなりますよね。
    海水浴場、玉砂利なのでキレイなんです。
    樹生さんはこちら方面が多いですな~(笑)

    返信削除
    返信
    1. いちさん、こんにちは。
      朝里の海まで出たのは初めてでした。
      夏ももう目の前ですね。
      今年はまだ、東の方にあまり言っていないので、7月はそっち方面へ走りたいと思っています。

      削除
  2. こんにちは
    「つぶ焼き」ってどんなのでしょうか こちらだとさざえの「つぼ焼き」とかはあります。
    鳥羽の駅ガード下の貝料理屋さんなんかだと1個 300円とか500円とか結構します
    牡蠣焼きもそのくらいです。でも養殖してる浜なんかだと100円しない(もちろん生)ようなんですが(運搬手数料ですね)
    北海道はバーベーキュー=ジンギスカンだと聞いたのですがほんとでしょうか

    先週の日曜、梅雨の合間に滋賀のメタセコイア並木へ行って来ました。前回行ったときは大雨になり散々
    今回は自宅まであと50キロというところで返り討ちにあいリベンジならず?
    帰路で燃料警告が点灯しだし給油したところ15L入りました。リザーブ7L・・・・
    やはりタンク交換した車体はもともとのタンク容量をもとに燃料警告が点灯するようです

    私のFEPだと点灯がいつも転倒となりますね・・・ よほど転倒をFEPに学習させてしまったらしい(^^ゞ

    返信削除
    返信
    1. KEI Cさん、こんにちは。
      「つぶ焼き」とは、石狩湾でもよくとれる「つぶ貝」を焼いたものです。
      醤油をじゅっとかけて食うと、すごくうまいです。

      北海道はバーベキューが盛んです。
      なんか、みんな大好きですね。家の前庭。公園、河川敷、海岸、至るところで、休日、バーベキューが見られます。
      「ジンギスカン」もバーベキューの欠かせないメニューの一つですが、牛や豚も多くて、量的にはそっちの方が多いのが普通ではないかと思います。

      私のV7、最初から22ℓタンクなのですが、燃料警告灯が付いても指定の高さまで入れると15ℓしか入りません。
      ほんとは何ℓなのか、いまだ謎です。一度、突き止めてみたいと思っています。
      (ガソリンの携行缶がないとできませんが。)

      削除