2016年8月13日

早起きラン2

今日は朝だけのラン。
時間が2時間だけなので支笏湖まで行ってみようと思った。
幌見峠から小林峠を越え、国道230から国道453へ。
支笏湖線に入った。
2016/8/10 5:36 支笏湖 ポロピナイ 湖の向こうに風不死岳。樽前山は雲の中。

朝5時を回っているのだが、前回来た4時台のときよりも車が少ない。
バイクも一台も見えない。
自分でも驚いたのは前回、7月末に来た時よりも格段にスピードに関する恐怖感がない…というか、スピードレンジに対する「馴れ」が、もう復活してきている。
これはかえって危険だ。
かつてのスピードレンジの感覚が戻ったと思っても、かつての乗車スキルが戻ったわけでもないし、反射能力は落ちてきている。予測能力はかつてに比べ、相応に上がってきていると思うが、高速域で何か起きたなら、対応できない。

速度を落とす。

昔のイメージだけで運動するとアキレス腱を切る。昔のイメージで運転すると、事故を起こす。そのときのしっぺ返しは、自分だけ痛い目ではすまないのだ。

カーブでもバンク角を深めないように、ブラインドでは向こうに車が停止していたり、何かが落ちていたりするかもしれない…自転車が車線の中央を走っているかもしれない…と思いつつ、慎重に慎重に走った。


ポロピナイの駐車場には、キャンプと思われる車がびっしり駐車していた。
朝5時半すぎ、早めに起きた小さな女の子と父親が、テントのそばで湖水に足を浸しながら何か話していた。

バイクは一台もいなかった。

いつも釣り人がいる桟橋も、誰もない。
桟橋にのぼって、レストハウスを振り返ってみた。

ゆきかぜが、ちょこんと停まって、待っている。


今日はきっと晴天で暑くなる。
霧雲が少しずつ風に流されて晴れてこようとしていた。

缶コーヒーを一本飲んで、帰ることにした。
出がけ、入れ替わりにCB1300が入ってきた。
荷物がほとんどなかったからたぶん朝走りの人だと思った。
会釈しただけで、すれ違うように出発した。

2016/8/10 5:56 国道453より望む恵庭岳
帰り道、ミラーに恵庭岳が写り、ちょっとゆきかぜを停めた。
慎重に走るつもりだったのに、やはりペースが速すぎる。
停まってリセットすることにした。

2016/8/10 5:56 国道453より望む恵庭岳山頂
朝日の中、恵庭岳山頂の巌がごつい姿を見せていた。

6時台に入ると、急に札幌方面から来る車やバイクが増えた。
どの車も、バイクも相当飛ばしている。
「朝練」だろう。

リセットした僕は、ゆっくり帰った。
たくさんすれ違ったが、前行く車にも追いつかなかったし、後ろから追い上げてくる車もいなかった。(つづく)

8 件のコメント:

  1. takaです
    『速度を落とす』
    冷静だからこその、判断ですね。
    速度感覚とスキル。
    難しい話ですよね。
    でも、歳を重ねてバイクを楽しむならば、大切な事ですよね。
    速度馴れしているときって、『乗れてる!』って勘違いしがちです。
    私も、勘違いしてしまう側です。
    気を引き締めないと(^_^;)

    返信削除
    返信
    1. takaさん、こんにちは。
      「乗れている感じ」、「乗れていない感じ」というのを、私たちはなんとなく感じるのですが、
      乗れていない感じの時は、用心して自分を戒めるのですが、乗れている感じの時は、例えば横道からの飛び出しとか、そういう周囲への注意が欠けていたりすることがあると思うのです。行ってみれば、ゾーン的に、ライディングにリラックスしながら集中できている時なので、周辺領域への散漫さに欠くという、逆説的に危ないこともあるのではないかと思います。
      これも、1991年に根本健氏が『ライダースクラブ』誌上で確か述べていました。

      びくびく緊張していると実は危ない。ある程度リラックスしていないと、運転に必要な集中はできない。でも、緩みすぎると必要な情報への対応が遅れる。ピリピリしていては疲れてしまって、ツーリングの後半に危なくなる。

      ちょっとしたことなんですが、安全に一日走りきるために、そういうメンタル的なコンディショニングも視野に入れないと、だんだん走り切れない年齢になってまいりました。(^^;)

      削除
  2. ゆっくり走っても速く走っても朝シコは楽しめます。他車がいないのは安全です。ペースが乱される
    多人数の走りのの方が危ないと思ってます。
    常にバイクから情報を供給されることが強いモトグッチは走りに集中する事って
    出来ませんね。限界が低いってことなんでしょうね。
    破綻の無い領域でのライディングに自然となるのでかえって安全かも。

    返信削除
    返信
    1. いちさん、こんにちは。
      支笏湖線、路面の凸凹塗装とブラインド、長い直線の多さなどから、攻めて走るにはちょっと私には厳しいかな…と思います。走りながらの森林浴にはいいなあと思うのですが。
      混み合うとまったく攻められない道だと思いました。
      マシンからの情報、多いですね。
      私の場合はそれが走りに集中させてくれると感じます。
      限界は(かなり?^^;)低いですが、フレームが振られても開けていける(いや、逆か…。開けていける状態なのにフレームが振れ出す…ということなのかもしれませんが…)、信頼度が高いので、割とマシンの限界に徐々に近づいていける、あまりに高性能ですまし顔のマシンとは違う面白さがあるように思います。おっしゃるように、とても楽しいマシンだと思います、V7。

      削除
  3. こんにちは
    近所のスカイラインは早朝から何十年も走りこんでみえる方々が集まってます。みなさん革レーシングスーツだったり30年前みたいです。
    13日は鈴鹿でスクーター練習の2回目やってきました。今回はタンデム走行が課題
    インストラクターさんに後ろに載ってもらい、Uターン発進停止連続、コーススラロームのやり方を確認させていただきましたが、タンデムだとほんま走りませんねぇ (^^)/
    アドバイスとしてはブレーキングを丁寧に上下動を少なく、コーナーでバンクさせすぎない・・・難しいよ
    たまにインストラクターさんの後部席に乗せてもらいますが、次回スクーターでどのくらい魅せてくれるのか楽しみたい・・・ (^^♪

    他気付いた点
    ・小径ホイールで小回りが楽
    ・Fブレーキが簡単にロックする(コンビブレーキを信用してリア主体で効かせたほうがよい)
    ・アクセルを戻して回転を落とすと、その後アクセルを開けても回転が付いてこない、ブレーキで速度を抑えてアクセルは開けたまま、立ち上がり前にやや開け気味にして立ち上がりではアクセル全開、全開までアクセル回転角度が多いのでやや握りなおして開けやすくしておく
    ・普通にバンクするとセンタースタンドが接地するのでリーンインで車体を立ててコーナーをこなす

    250のFAZEでもそこそこ走れるのでTMAXとかだと相当いけるんだろうなぁというのが昨日の感想でした。

    返信削除
    返信
    1. KEI Cさん、こんにちは。
      スクータータンデム講習もあるんですね。驚きました。充実してますね。
      リヤ荷重が大きい上に小径で回転慣性も小さいと、確かにロックしやすいですね。なるほど…。
      「アクセルを戻してのブレーキングが長いと再度開けたときの燃焼状態に悪影響を及ぼす」…というのは、1990年ごろのドゥカティについての根本健氏のコメントでしたが、ブレーキングしながらアクセルオンが有効なんですね。
      あ、そういえば、V7でもたまにやっていました。坂道発進的なアクセルの付き方というか、パワーのかかり方が扱いやすいですね。
      スクーターのライディング技術も奥が深そうですね。

      削除
    2. こんにちは
      鈴鹿のHMSではスクーターはPCXとFAZEが何台かあります。しかし誰も乗らないので先日のFAZEは走行600キロでした。PCXも以前借りたことがありますが、やはりバンク角がなく、その割には小回り得意なので調子に乗って走っていたら、センタースタンドを支点にくるりと180度回転して転けました。!(^^)!
      当時よりは運転技術が上がってる(と思われる)ので、今回は転けませんでした。(ちなみに初中級コース、事務局さんからは上級でもどこでもどうぞと言われたのですが、上級だとそこかしこでハンドルフルロック、フルバンクで走行速度も高いし、中上級でもノロノロ運転でご迷惑をお掛けするのもなんだしなぁということで)
      タンデム講習があるわけじゃなくて、インストラクターさんにこうしたことをやってみたいとリクエストするわけです。前走ってラインを教えてほしい。後ろ走ってみてほしい。二人乗りさせてほしい、で、今回は後ろに乗ってほしいという要望を出したわけです。

      回転が上がらないのはFAZEのエンジンがまったりしてるだけかもしれません。とにかくコースでは全開にしないと走りませんでした(インストラクターさんからはタンデムのときにやっちゃダメと言われましたが (^^♪
      ちなみにコースだと400クラスはほぼ全開走行(立ち上がりの一瞬ですよ モチロン(^^♪)
      CB650はまたがった感じ400と同じような感じなんですが、全開のタイミングが早すぎると一気に吹っ飛びます(ました)(^_-)-☆
      VTRとかだと減速するとだめなので、できるだけブレーキを使わないラインで早めにアクセルを開ける(意外にというか 当然にも難しい あまり初心者向けでない)
      CB1300は超上手な人が乗るとドリフトしながら走行とか
      車種によって特徴もあるので気分で乗り換えるのも面白いですよ。最近はNC750(教習仕様)に乗ることが多いです。バンク角がないのでテクニックがいるのと、さすが教習仕様で運転が楽
      ただし早くはないのでCB400SFで簡単に追いかけられます。
      聞いたところでは高性能車を導入するとけが人が増えるのでということです。
      確かに初中級とかでCBR600RR乗りたがる人多いからなぁ というところです。

      削除
    3. KEI Cさん、こんにちは。
      HMS、やはり相当にレベル高く、予約も難しいというのがわかる気がします。
      自動車、自転車、バイク、歩き方、走り方、どれも日常的にそれぞれできるものですが、
      本格的に習うとなると、まったく違う次元の世界へ連れて行ってくれますね。
      私は自分の納得のいく方法論で、自分らしくやっていきたいです。

      削除