2016年5月11日

V7を選んだわけ。(2)

実はV7、最初から一目ぼれ…というのではなく、いろいろ考えて絞って行った結果の選択でした。
もちろん、合理的理由だけでバイクは買えません。ほれる要素がないと、うまく行くはずがないのです。今回は、絞る前に消えていった候補たちについて。




☆通勤からツーリング、ワインディング、ダート走行まで、何にでも使う。
☆1台しか持たない。

この二つの条件を同時に満たすには、モデルの性格として、オールマイティ、またはスタンダードなバイクになってしまう。

まず外れるのが、スプリンター。

サーキットをメインターゲットに作られたマシンたち。
その性能は素晴らしく、胸躍るけれども、通勤に使うにはあまりにもったいない。
荷物を積むのも大変だし、ダートに入るのは、マシンに気の毒すぎる。


オフのスプリンターも候補からは外れる。

今回オフロードマシンの映像を探そうとして気づいたのだが、今、モトクロッサーのようなオフマシンモデルがとても少なくなっている。確かに、林道をぶっとばせるような環境も減ったし、コースで走るなら、公道モデルを買わないでいい。
でも、オフマシン、少なくなったんだなあ…と思った。
前回記事のセローなどのようなオールマイティなら候補に挙がるが、オフマシンはシートが高く、ちょっと気忙しい。


次に外れるのは、クルーザー。


以前、友人からちょっとだけハーレーのソフテイル系に乗らせてもらったことがあったのだが、その扱いやすさ、気持ちよさには心底驚いた。
これは欲しくなる。
速く走らなくても気持ちいいし、実は両足べったりでUターンも簡単。コーナリングも実は結構いいのだ。もちろん絶対的な速さはないけれども、ちゃんと気持ちよく、実はある程度の速さまでなら、くねくねの峠もばっちり行ける。
車重はあるが、走らせると重くない。素直で、頼れて、でも軽快さもあるという絶妙な走り。
もちろん若い人にもハーレー乗りは多いが、50代から70代くらいまでのリターンライダーにハーレーが人気なのもよくわかる。
とってもいいのだ。

でも、外れる。

舗装林道レベルまで行くと、ちょっと入ろうかと思えない。
僕のツーリングではかなりの確率で舗装林道レベルの道は走るし、ホントの林道も走るので、ハーレーはきつい。
通勤からツーリングまで、幅広い守備範囲なのだが、ふるい落とされる。



ホンダのゴールドウィングのような、弩級の「ツーリングモデル」。
これも走りは相当にいいらしい。しかもゴールドウィングの場合、バンク角も見た目よりかなり深くて、根本健氏などはこれで相当に速く走るらしい。(根本氏の相当に速くは、一般ライダーからすると、とんでもなく速いレベルだ。)

これで林道は無理だ。
毎日、ふらっと乗るにも、マシンを出すまでの敷居が高すぎる。
気軽にぱっと跨れそうにない。

これも僕の範疇には入らない。




フラッグシップ。

カワサキ、ZX-14R、 スズキ、ハヤブサ、など。
CB750、Z1(ZⅡ)、などからの流れを汲む、正統派、スーパースポーツ。
ヤマハはV―MAXを持ってくるべきだろうか。ホンダは、RC213V-Sということになるのか、それともVFR系か。


速すぎる。大きすぎる。重すぎる。
1995年モデルのGPZ1100でさえ、速すぎたのだ。
これ以上速いと、命も免許も危ない。または力を全然使わないフラストレーションがたまりそうだ。


今回のカテゴリーのモデルは、候補に挙げる前に消えていったバイクたちだ。
でも、それぞれにとれも魅力的だし、50代、60代でも乗っていいバイクたちだと思う。

バイクの趣味を、ワインディングで一汗かいて、カフェで休憩して帰ってくる、というふうに絞れるなら、スプリンターは最高だ。

休日に、愛車と風景と旨いもんと温泉を求めて、どこまでも走る旅に出る…。
というなら、クルーザーは最高の相棒だ。

1日1000km以上などざらに走る。
休日には弾丸ツーリングが多いが、たまにサーキットも走るし、カフェレーザー的なこともしたい…。
というよくばりさんには、フラッグシップもいい。

フラッグシップが僕の候補にならなかったのは、速すぎるからと、林道は走れないんじゃないか…という、なんかそういう理由から。

どのカテゴリーも、例えば『風まかせ』というような雑誌を見てみると、割と年配の方も颯爽と、いきいきと、走らせ、所有し、バイクライフをとても楽しんでいる。



僕はもう少し、汎用で、でかすぎず、でも長距離も行こうと思えば行けて、林道も走れ…みたいな気持ちだったのだ。

すると、アドベンチャー系か、ネイキッド=最近のはやり言葉で言えば、ネオ・クラシック系が候補となってくる。

実際に僕が検討したのも、そのカテゴリーだった。
次回は具体的にV7と同時に候補になったバイクたちについてです。

8 件のコメント:

  1. いろんな車種があって、困るところでしょうけど、実際に乗るとなると意外に少ないのですよね。クルーザーは憧れるのですが、あの重さとでかさがネック。4気筒はどんどん排気量UPの傾向ですし、1000㏄は軽く超えていってます。古めのバイクはいいのですけどパーツの供給とタイヤが無い。また足回りがプアです。電装が凄すぎるのも、自分としては、引いてしまう所です。
    適度な大きさと排気量でどこでも行けるのが
    いいです。BMWのGSはイイのですけどあの大きさはチョイ乗りできるレベルでは無い。もっとコンパクトで、軽いとなると単気筒が候補に上がりますが、ビックシングルは振動が凄くて長距離には向きません。
    今、グッチをやめて他のバイクとなるとヤマハの3気筒あたりでしょうか(笑)

    返信削除
    返信
    1. 例えば僕の収入が今の1.5倍ほどあって、バイクの他にもスポーツの趣味があり、バイクをひとりで走るよりは仲間と交流し、楽しむものだと思っていたならば、ハーレーのファットボブなんかいいかなあと思います。
      また、僕の収入が今の20倍くらいもあるなら、美瑛に小さな小屋を買ってそこをガレージにし、ビモータのdb7を置いておきたいかもしれません。
      人毎に、状況毎に、ベストマシンは変わりますね。
      一般的にはV7もダートには全く向いていないと思われているわけですし。
      私は敬遠しましたが、R1200GSだって、毎日通勤に使っている人(雨でも)と、朝いつもすれ違います。
      やはり「人」でしょうか。

      削除
  2. 以前あこがれだったGLを手にしたことがあります(新車いきなりは怖かったので中古でですが)
    持ってる期間ツーリングの回数が激減しました (^-^)
    高速は楽々、峠も2車線あればOK、すり抜けも大丈夫だけど(似合わない)
    富士山まで日帰りしても疲れしらずと性能は思ったとおりでしたが半日ちょっと乗るとかの用途には向いてませんでした

    あと単車選びには是非サイドカーも選択肢に入れてください(あっ単車じゃなかった)

    返信削除
    返信
    1. KEI Cさん、こんにちは。
      ああ、やはりそういうことになるのですね…。
      いいバイクであるということと、自分との相性ということとは、
      別に考えなくてはならないことのようです。
      サイドカーは新車でメーカーから出しているのはウラルくらいですか。
      北海道ではときどきドマーニが走っているのを見ますが。
      トライクも最近よく見ます。わりと多いです。頻繁にみます。
      サイドカーも相当に趣味性が高いですが、傾いた世界が好きなのと、駐車、保管場所の関係で、
      候補には一度もあがりませんでした。

      削除
    2. 保管場所の問題は大きいですよねぇ
      サイドカーは独特の運転テクニックがあったりするので一度試してみるのはお勧めします
      (トライクでのーへるの人見かけますが危険なので気を付けてください)

      最近、個人的に気になる単車は川崎のシングル250です
      30年位前の250シングルより重いしパワーないしですが心臓部がFIだったり最新技術、重量が20,30キロ重いのはやはり納得いきませんが

      近所のRBに入ってるんですが試乗車はなし

      気になります

      削除
    3. KEI Cさん。
      同じ傾かないのでも、サイドカーは2輪免許、トライクは4輪普通免許ですね。
      昔の世界GPで、サイドカーの熊野組の強さに驚嘆していたクチです。まっすぐ加減速するのさえ難しい、繊細で、豪快な世界。
      でも私は、二輪の傾いた世界が好きです。

      エストレアは相当に「いい」みたいですね。昔『ライダースクラブ』誌で社員カメラマンだった森下光昭氏も、長いことエストレアを愛車にしていました。とってもいいんだと、書いていました。

      削除
  3. 樹生さんこんにちは。
    僕も今のGBに乗り換える時は熟考吟味を重ねたつもりでしたが、また3年乗って色んな世界が見えてきています。

    先日ハーレーに試乗する機会があって、フォーティーエイトというのに乗ったのですが、これがめちゃくちゃ面白かったんですね。びっくりしました。
    二年前にセブンティーツーに試乗した時も感動したんですが、フォーティーエイトは新車のクセにびっくりするくらい個性的で。

    ハーレーは今まで視野になかったんですが、これを期にちょっと知ってみたいなと、最近本を2冊注文したところです。

    まあ買うかどうかはともかく候補を挙げるならローダウンモデルは無しで、おそらくXL883RかXL1200S、もしくはXR1200とかそんな感じだと思うんですが、そのあたりは未舗装路、林道は厳しいでしょうか?
    フラットトラックなども走れるハーレーならいけるかなとも思ったんですが…。
    おそらくハーレーの本を読んでも林道、未舗装路は全然イケますって書いていないような気がしたので、樹生さんのご意見を聞いてみてくコメントしました!

    返信削除
    返信
    1. 金田慎さん、こんにちは。
      スポーツスターで林道は、その重さから誰も勧めないでしょうけれど、まったく行けないことはないと思います。
      それは、GPZ1100が林道いけます、というのと同じような意味で。
      ただ、スポーツスターの方が少し走りやすいかもしれません。
      2003年ころ、国井律子さんというモデルでライダーの方が、ハーレーで十勝のダートを走って展望台まで行ったりとかしてましたから。
      ハーレーって、意外と懐が深いと僕は思うのです。
      ただ、スタンディングができないと、林道は結構きつくなると思います。
      実際に立つかどうかではなくて、フォワードステップしかないと、衝撃を全部お尻から腰で受けなければならなくなり、マシンも、体も痛みます。
      それでもまったく無理ではありませんが、あとは、どれだけハーレーに乗りたいか、そして、その愛車でどれだけ林道でも走りたいか、でしょう。

      モトグッツィでも、林道に入ると聞くと、驚くのを通り越して顔をしかめる方もいます。
      自分はこんなこともするんだと自慢するためだけに、どうしてバイクをいじめるのか。いい気になるな、と心の中の怒りの声が聞こえてくることもあります。
      それは、半分以上あたっているでしょう。
      それでも、その相棒なのか?それで走りたいのか?ということですかね。

      まあ、そんなに深刻に考えずに、乗りたいバイクを買って、そのバイクで走れるところを走るのがいいと思います。もし、林道も行けるなら、行って。無理なら、林道はあきらめる。そういう付き合い方がいいと僕は思います。

      偉そうに、変な答えですみません。

      削除